わくわくエコ通信

エアコンの話

今回はエアコンの話をしてみようと思います。ヒートポンプって知ってますか?家庭用エアコンはヒートポンプという仕組みで動いています。

最近では、洗濯乾燥機にも使われるようになってきたのでご存知の方も多いかもしれません。でも、特に目新しい技術というわけではありません。冷蔵庫で庫内を冷やす仕組みと同じです。

コンプレッサーで冷媒を圧縮して液化し、再度、気化させて冷やします。消毒用のアルコールで肌を拭くとスースーしますね。これはアルコールが気化して熱を奪っていくからです。ヒートポンプの冷やす仕組みは、基本的にこれと同じです。

単純に気化させるだけだと、冷媒がなくなってしまうので、もとに戻すわけです。夏場に打ち水をしたりしますが、水は蒸発してしまいなくなりますよね。

気化した冷媒はコンプレッサーで圧縮されて液体に戻されますが、このときに圧縮熱が発生します。この熱は室外機から外に放出されるので、室外機のファンから出る空気は熱いのです。

ですから、お部屋を冷やすと外暖めることになるのですが・・・

この一連の仕組みをみると、室内の熱を奪って室外に放出しているわけですが、熱を汲み上げているように見えるので、この仕組みをヒートポンプといいます。

熱を移動させているわけですね。コンプレッサーや室外機のモーターを動かすのに必要なエネルギーよりも何倍もの熱エネルギーを移動させることができます。ですから、ヒートポンプはエネルギー効率が高いのです。

省エネには向いているのですが、エアコンを使うと、それだけ外は暑くなるんですよね。これもヒートアイランド現象のひとつの原因です。みんなで打ち水をすれば少しは効果があるでしょうか(笑)