わくわくエコ通信

EVの航続距離を伸ばす

電気自動車(EV)の普及のカギと見られているのは価格とインフラ(充電設備)の整備です。

現状の技術では、必要な航続距離を出すためには高価な2次電池をたくさん積まなければならず、どうしてもEVはガソリン車よりも割高になってしまいます。

また、現在市販されているEVでは航続距離はガソリン車の半分以下です。そのため、急速充電池を備えた充電スタンドがインフラとして整備されないと安心してEVを利用できず、普及の足かせになると見られています。

今のところEV用の2次電池としてはリチウムイオン電池が有力候補と見られており、将来的には大幅なコストダウンが見込まれています。

ただ、その予測もリチウムが安定供給されることが前提です。既にリチウムの主な生産国である中国は、自国での使用を優先し、資源の囲い込みをしようとしているようです。

ですからリチウムイオン電池の高性能化のみでEVの航続距離を伸ばしていくのはリスクが高いと思います。

僕はリチウムイオン電池とスーパーキャパシタを組み合わせたハイブリッド蓄電装置がEVの蓄電装置としてベストだと思いますが、まだどちらも発展途上のものなので早期に実現しそうにありません

トヨタなどはEVへの移行にはまだ時間がかかるものと考え、EVまでのつなぎとしてプラグインハイブリッド(PHV)を投入していくつもりのようです。

PHVというのは家庭用コンセントから充電できるハイブリッド車(HV)のことで、通常のHVよりも大容量の2次電池を搭載し、ある程度のEV走行も可能です。

ただし、ベースはあくまでガソリン車です。これに対して、EVに発電用エンジンを搭載して航続距離を伸ばすという方法があります。航続距離を伸ばす装置という意味でレンジエクステンダーといいます。

この方式を採用したのが、スズキの「スイフト レンジ・エクステンダー」で、2010年秋から全国のスズキ系ディーラーに無償で貸し出される予定になっています。営業マンやサービスマンなどディーラー社員が、実際の通勤などに使用して実証実験を行っていくのです。

レンジエクステンダー付きEVは充電が切れてもガソリンで発電できるため、急速充電機構が要りません。エンジンとモーターを使い分けて走るPHVほど制御も複雑にならないのでコストも安く作れるはずです。

もしかするとプリウスに強力なライバル出現となるかもしれません。